初めてのスキーツアー何を持っていけばいい?

スキー初心者は日焼け止めが必須

初めてスキーツアーに行く場合には、スキーの道具を持っていくのは当たり前としてもそれ以外に一体何をもっていけば便利なのかなかなかわからないかも知れませんが、特に女性であれば日焼け止めを持って行った方がよいでしょう。スキー場では、太陽が雪に反射して肌が黒くなってしまう可能性があります。しかもゴーグルの部分だけ白くてそれ以外のところが黒くなるため、日焼けしやすい人にとってはツートンの顔色になってしまうことが考えられます。曇っているときでも、紫外線の影響はありますので一応日焼け止めを塗っておくべきです。
それと同時に、リップクリームやハンドクリームを持っていけば肌荒れや唇の乾燥を防ぐことができ、快適にスキーを楽しむことができます。

防寒着の補助になる洋服や保険証も持っていくと助かる

スキー場は晴れていても非常に気温が低く寒いため、東京や大阪などで寒い日に着用する格好でも肌寒さを感じることがあります。このようなときには防寒着だけでなくその補助となるグッズを持っていくとよいでしょう。防寒補助になり得るものは、トレーナーやセーターそして薄手の上着などです。また帽子などがあると雪が降った時に寒さをしのぐことができるでしょう。
それ以外でも、保険証や常備薬も携帯しておく必要があります。例えばスキー場でけがをした場合に病院に行きますが、このとき保健証がなければ高い金額を支払わなければならなくなります。また、気温が低いため風邪をひいてしまうことや、頭痛に襲われることそして腹痛になることもあり得ますので、基本的には普段から使っている薬をもっていくようにすると備えは万全です。